「和食」を見直すことが体や髪の毛の健康にもつながる

いま、熟年世代に差し掛かっている人の多くは
「飽食の時代」とともに大きくなってきたと思われます。

また、手軽につくれることで脚光を浴びた
インスタントラーメンが登場したのが1958年ですが
その年を境に「あごの発達」が異なるともいわれています。

つまり、インスタントラーメン時代に生まれた人は
噛まなくても食べられる食事を摂る機会が多く
あごの発達が不十分なため、それが歯並びにも影響するという
思わぬ弊害もでているのです。

また、インスタントラーメンだけでお腹を満たす人も多く
慢性的な栄養不足を招いています。
しかも、後に登場したカップ麺などは、塩分や油分が多いため
当然、生活習慣病のリスクも高まってきます。

そんななか、体や髪の毛を元気にするための
さまざまな食品が注目されています。
また、栄養補助食品やサプリメントで摂取する方法もありますが
「ビタミン」や「ミネラル」が注目されるという
共通点がみられます。

そして、このような栄養素を多く含む食品は
和食に多いことに気付かされます。
つまり、日本に伝わる和食を見直すことが
体や髪の毛の健康を保つことにもつながるのです。

ヘアマニキュアにまつわる、ある男性の体験談より

誰でも年齢を重ねると、いろいろな部位が気になります。たとえば、髪の毛が薄くなったり、白いものが増えてくるのはよくある現象です。何歳くらいから変化が出始めるのは、個人差があります。また、早い段階からいい意味で開き直っている人がいる一方で、なんとか隠したい人もいます。

そんななか、大変興味深い体験談を見つけました。

その人は、40歳代の男性ですが、髪の毛を染めるのを面倒だと感じていたところ、シャンプータイプのヘアケア商品にめぐり合えたのです。その商品は、髪の毛の表面をカバーするヘアマニキュアです。使い心地もよくキレイに染まることから、まわりの人から髪の毛を染めたのかと聞かれ、すっかり気分をよくしたといいます。

そのように、デリケートなことを聞くことはどうかなと思いますが、お互い、近い距離にあるからこそ聞けることかもしれません。ちなみに、そのヘアマニキュアは3つのカラーがありますが、その男性が選んだのはブラックでした。自然な感じに仕上がったのも、選んだ色が関係しているのかもしれませんね。

新聞や雑誌広告のヘアケア商品が人気の理由

新聞や雑誌の広告といえば「美容関連」が多いように思いますが、ふだんから気にしている人は、余計にそう感じるのかもしれませんね。

美容関連といえば、スキンケア商品やヘアケア商品ですが、やはり、リーズナブル価格で「お手頃」なものが人気になっていますね。
また、使い方も簡単で、しかも、ひとつの商品で完結できるくらい「お手軽」なことも外せない条件のようです。

これらのことから、スキンケア商品やヘアケア商品選びの条件は、「お手頃・お手軽であること」という結論になります。

ヘアケア商品のなかには、シャンプータイプがあり、身構えなくても、自然な形でケアできることでも注目されています。

また、独特のニオイがするものもありますが、髪の毛は鼻に近いだけに、ニオイがきついとストレスにもなりますね。
それに、髪の毛や頭皮を傷めないかと、そちらのほうも心配になります。

そういう意味もあり、ヘアケア商品は「お手軽さ」だけでなく、髪の毛や頭皮にやさしい商品が注目され、新聞や雑誌広告などで人気なのも納得できます。