カテゴリー別アーカイブ: 日記

「和食」を見直すことが体や髪の毛の健康にもつながる

いま、熟年世代に差し掛かっている人の多くは
「飽食の時代」とともに大きくなってきたと思われます。

また、手軽につくれることで脚光を浴びた
インスタントラーメンが登場したのが1958年ですが
その年を境に「あごの発達」が異なるともいわれています。

つまり、インスタントラーメン時代に生まれた人は
噛まなくても食べられる食事を摂る機会が多く
あごの発達が不十分なため、それが歯並びにも影響するという
思わぬ弊害もでているのです。

また、インスタントラーメンだけでお腹を満たす人も多く
慢性的な栄養不足を招いています。
しかも、後に登場したカップ麺などは、塩分や油分が多いため
当然、生活習慣病のリスクも高まってきます。

そんななか、体や髪の毛を元気にするための
さまざまな食品が注目されています。
また、栄養補助食品やサプリメントで摂取する方法もありますが
「ビタミン」や「ミネラル」が注目されるという
共通点がみられます。

そして、このような栄養素を多く含む食品は
和食に多いことに気付かされます。
つまり、日本に伝わる和食を見直すことが
体や髪の毛の健康を保つことにもつながるのです。

目への負担を改善する「ブルーベリー」の存在が注目

パソコンや携帯を使うことが日常的になっているいま、それらの機器からの影響で身体の不調を訴える人も増えています。たとえば、ふだん使わない携帯メールを慣れない手つきで打つ場合、パソコンメールとは違うストレスがあり、肩が凝ったという体験談も耳にします。

また、パソコンや携帯の画面を長時間見続けることによる、目への負担も問題視され、それを改善するための「ブルーベリー」の存在が注目されています。

ブルーベリーは、実や皮に含まれている「アントシアニン」の働きに特徴があり、お気軽に摂取できるサプリメントは、多くの企業が取扱っています。また、ブルーベリー入りヨーグルトは、そのまま食べるだけでなく、ケーキなど、スイーツの材料としても使うことができます。

ほかにも、ブルーベリーを使ったパンケーキ、カレーなど、身近なメニューに加えたり、野菜ソースをつくるときの材料としても人気があります。

ちなみに、ブルーベリーは、食物繊維が豊富なことでも注目され、バナナよりも多く含まれるともいわれています。