月別アーカイブ: 2016年7月

作画やMusicに言える本格的な執着心

テレビジョンのコントラスト放送が始まってから久しくなりますが、戯画に使われるトーンの種類の多さもデタラメではありません。
コントラスト放送動作当時は、住居ではコントラストテレビジョンがなかった結果、ライブでコントラスト放送を楽しんだ経験はありませんが、テレビジョンの特番などで見極めると違いがしばしばわかります。

また、品物に使われるミュージックへの「執念」もミュージックコンサルタントの意味が反映されています。
劇場版も注目された「犬夜叉」は、伝統楽器なども使われていますが、ぜんぜん、本物の楽器として録音されたそうです。

今日は、電子楽器で各種音質が文句できますが、とにかく、では無念のだと思われます。
私も思い出ありますが、例えば、ピアノのメロディーや残響効果は、電子楽器での文句はなんとなく恐ろしいのではないでしょうか。

とにかく、本物に触れて、良し音質を身近に思えるため、その楽器を知るきっかけにもなります。

戯画の劇場版は、幼児が眺める機会も多いだけに、作画やミュージックにいたるまで、レベルの高さを追求することは、やはり大切だと思います。http://www.un-forbachois.net/